お盆は子守

こんにちは、京都に住む京華です。

京都のお盆は、他の地域に比べてかなり派手だと思います。六道珍皇寺の六道まいり、嵐山の灯篭流し、有名な五山の送り火などなど。観光客も大勢訪れ、提灯のあかりに照らされた京都の町はとても幻想的です。

と、もっともらしい解説をしたところで、私はというと、そんな京都を尻目に実家埼玉に帰省していました(笑)母は京都旅行に来たがっていたのですが、親戚の集まりとか諸々の関係で結局私が帰ることになりました。残念。

埼玉は、京都と違って、派手なお盆のイベントは特になく、普通に親戚で集まって、ちょっと出かけて、ごはんを食べて、お墓参りに行って…という感じです。

いとこは東北に住んでいるのですが、お盆で埼玉に来ていました。どこか行こうかーという話になったのですが、なぜか遊園地系でも公園系でもなく、みんなでららぽーと富士見に行きました(笑)

親世代が買い物をしている最中、私と妹はチームラボアイランドで子守を任されてしまいました…買い物したかった。大人の私たちも楽しめる施設だったのでまだよかったです。それに母がくらづくり本舗のお菓子(べにあかくんとお茶かんぼうとか色々入った詰め合わせ)を買っておいてくれたからいっか。

実家でのお盆はひたすら子守に徹していたので、京都に戻ったときはむしろ疲れていました(笑)実家に帰った意味…